本文へスキップ

GAEN-View:"世界の農業環境"閲覧

はじめにINTRODUCTION

本サイト「GAEN-View:"世界の農業環境"閲覧システム」は、GoogeMapsAPIを利用しています。非商用目的に限り、誰でも無料で閲覧できますが、アクセス数(PV)がGoogleMapsAPIの無償利用範囲を超える場合[1日25,000PVまで]は、予告なくサービスを停止しますので、ご了承ください。

はじめに (Japanese)

 世界人口は、すでに70億人に到達したと言われています(国連統計)。21世紀になってからの、わずか十数年間で、8億7千万人以上の人口が新たに増えたことになります。世界の人口増加はとどまることなく、2025年までに80億人を突破すると予測されています(国連 中位推計値)。新興国における人口増加・食生活の変化は、さらなる食料需要の増加となり、食料増産にともなう環境負荷の増大が懸念されます。「地球規模で進展する農業環境の変化へどのように向き合っていくべきか?」という課題は、研究者や政策決定者だけに課されたものではなく、農業を通して自然からの恩恵を享受している、私たち一人一人が考え・共有すべきものだと思います。そうはいっても、研究者・ジャーナリストのような特殊な職業についていなければ、普段の日常生活において、世界の農業・環境に関する問題に接する機会はそうありません。そこで、多くの人に"絶えず変わりゆく世界の農業環境"について考えてもらう機会を増やすべく、世界各地で進展する農業環境問題を直観的に認識・理解することのできる「”世界の農業環境"閲覧システム(GAEN-View)」を構築しました。本システムは、GoogleMaps上に衛星画像やGIS情報を重ね合わせ、世界中で起きている農業環境の変化(時間・空間的な広がり)を過去に遡って見ることができます。また、本WEBサイトは、Google Maps APIの他にも、Twitterといったソーシャルネットワークツール(SNS)を利用し、農業環境の変化(特定時期・場所の衛星画像)を、友達や同僚に伝え、”世界の農業環境”に関する議論や情報交換に役立てていただければと期待しています。本システムを通して、農業環境に関する視覚的な共有認識を広げ、これまで世界の農業や環境問題に関心の無かった人々に、少しでも興味を持っていただくことを願っています。

利用にあたっての注意点 (Japanese)

「”世界の農業環境"閲覧システム(GAEN-View)」で公開するMODISナチュラルカラー画像の閲覧・転載は非商用に限り自由とします。MODISデータは、センサートラブルによる欠測・異常値が含まれます。また、モザイク合成・雲被覆・ミクセル・観測角度の影響によって、判読を誤らせるようなノイズ状データが含まれてしまうこともあります。「”世界の農業環境"閲覧システム(GAEN-View)」では、機械的な合成処理によってできるノイズ・エラー画像が判読を誤らせるようなこともあります。したがって、大発見と思われる事項でもセンサーノイズが生み出した錯覚である可能性もあるので、短絡的な結論をするのではなく、文献調査や現地調査による事実確認・リモートセンシング専門家との相談を重ねた、裏付けを行うことをお勧めします。。

「”世界の農業環境"閲覧システム(GAEN-View)」で公開するMODISナチュラルカラー画像は、初期システムエラーによるバグ画像を含んでいる可能性もあります。データの品質保証もしていません。閲覧目的以外の利用(特に研究利用)にあたっては、オリジナルのMODISデータをNASA配布サイトから入手・解析することをお勧めします。また、インターネット上での閲覧以外の利用によって生じた問題については一切責任を負いかねます。

「”世界の農業環境"閲覧システム(GAEN-View)」で閲覧可能なデータに関する詳細については、各データのオリジナル公開機関HPをご参考ください。


英語(English)

in preparation

国立研究開発法人 農研機構
農業環境変動研究センター
(H28.4.1より)

Institute for Agro-Environmental Sciences, NARO

Tsukuba, Ibaraki, Japan



はてなブックマークに追加